カテゴリー別アーカイブ: 書道展覧会

関西でも井上有一

孤高の前衛書家井上有一氏(1916~85年)をしのぶ「狼涙忌-白と黒展」が兵庫県西宮市馬場町のアトリエ西宮で始まっています。

井上氏は東京都出身で上田桑鳩氏(三木市出身)に師事。
現代美術家と交流し、抽象的な表現や「貧」などの一字書に込められた精神性は、海外でも高い評価を受けました。
狼涙忌展は、6月15日の命日に合わせ、86年から開催。
今年は神戸市在住の牛丸好一氏や本田利雄氏ら書家、パリと西宮市を拠点とする松谷武判氏ら美術家の9人が計14点を出品しています。

本田氏が書く「潤」の一字は墨のにじみを生かし、絵画的なボリュームを感じさせる。
松谷氏の「垂直線」は鉛筆の濃淡で、画面を縦に二分割。
深い漆黒が生み出す対比性が強い印象を与えます。
井上有一

アトリエ西宮
〒662-0915 兵庫県西宮市馬場町1−22
6月2~6月7日 11:00~18:00
TEL 0798-22-0322
井上氏の「いいじゃないか」も特別展示

~書道ライフを快適・豊かに~
大阪教材社
盛喜 一輝 KAZUTERU MORIKI
〒599-8272
大阪府堺市中区深井中町1994-3
TEL 072-277-1237
FAX 072-277-6301
URL http://www.osakakyouzai.com/
E-mail moriki@osakakyouzai.com
LINE http://accountpage.line.me/shodouya
LINE ID @shodouya



再注目されている書家・井上有一

生誕100年を前に書家・井上有一が再注目されています。

井上有一は、小中学校の教師として勤めるかたわら、創作活動を行い、書の道を追求。
書をアート的に表現する書家として活躍しました。

前衛的で生命感あふれる作風は国際的にも高く評価されています。
紙をはみ出して書かれる豪快な一字書や宮沢賢治の作品を基にした多文字書からは、命を削る
ようにして制作に打ち込んだ作家の気迫が伝わってきます。

現在、東京で井上有一の展覧会が開催されています。
足を運んでみられてはいかがでしょうか?

遠くて近い井上有一 展

公益財団法人 菊池美術財団 / 菊池寛実記念 智美術館
〒105-0001 東京都港区虎ノ門 4-1-35 西久保ビル
TEL:03-5733-5131

会期 2015年4月4日(土)~ 7月26日(日)
休館日 毎週月曜日(ただし5/4、7/20は開館)、5/7(木)、7/21(火)
開館時間 11:00~18:00  ※入館は17:30までになります
観覧料 一般1,000円、大学生800円、小・中・高生500円
※未就学児は無料
※障害者手帳をご提示の方、およびその介護者1名は無料となります。
主催 公益財団法人 菊池美術財団、日本経済新聞社
協力 ウナック トウキョウ
井上有一

書道用品専門店 大阪教材社
盛喜 一輝 KAZUTERU MORIKI
〒599-8272
大阪府堺市中区深井中町1994-3
TEL 072-277-1237
FAX 072-277-6301
URL http://www.osakakyouzai.com/
E-mail moriki@osakakyouzai.com
LINE http://accountpage.line.me/shodouya
LINE ID @shodouya