カテゴリー別アーカイブ: 絵手紙

絵手紙筆を購入するときのポイント

絵手紙の文字や線に関しては、付立筆や絵手紙筆を使いますが、書道筆や水墨画の筆を使っても問題ありません。

絵手紙筆は適度に弾力があり、穂先がまとまるので、線や面を描きやすいのが特徴です。
毛質はやわらかい毛が持ち味の羊毛がよいと思います。

細い線を描くには面相筆がおすすめです。
面相筆

色づけには隈取筆と彩色筆が便利です。

隈取筆は「にじみ」や「ぼかし」をだすときに使います。
隈取筆
彩色筆は細かい色づけに便利で、色をムラなく塗ることができます。
彩色筆
大阪教材社
盛喜 一輝 KAZUTERU MORIKI
〒599-8272
大阪府堺市中区深井中町1994-3
TEL 072-277-1237
FAX 072-277-6301
URL http://www.osakakyouzai.com/
E-mail moriki@osakakyouzai.com
LINE http://accountpage.line.me/shodouya
LINE ID @shodouya



絵手紙で栗の鮮やかな色をだすには

店舗のお客様から、
「実物の栗のように鮮やかな色が出ない」というお話を聞きました。

もう栗の季節ですね。
早速、絵手紙の先生に伺ってみました。

絵手紙は実物どおりに描く必要はないそうです。
絵手紙を受け取った相手の方が「おいしそう」と思っていただくのが一番。

ポイントとしては、1つの栗を大きく描くこと、そうすれば色塗りがしやすく、筆のタッチが生きて鮮やかさがでるようです。
顔彩は乾くと薄くなる特徴があるので、少し濃いめに手早く描くのも大事です。

顔彩を混色する場合は、2~3色まで
実物の色に近づけようとすると、混ぜすぎて瑞々しさが失われるようです。栗

大阪教材社
盛喜 一輝 KAZUTERU MORIKI
〒599-8272
大阪府堺市中区深井中町1994-3
TEL 072-277-1237
FAX 072-277-6301
URL http://www.osakakyouzai.com/
E-mail moriki@osakakyouzai.com
LINE http://accountpage.line.me/shodouya
LINE ID @shodouya