月別アーカイブ: 2013年5月

掛け軸のしまい方

普段の生活で掛け軸を手に取る機会は減ってきていると思いますが、

このような状況ではお軸に触れることがあると思います。

・書道、茶道、合気道、弓道、柔道などに関わる方
・お盆に仏表装を掛ける
・お子様の作品をお軸にして壁に掛ける
など

お軸を掛けるのは問題ないでしょうが、しまい方ってお分かりでしょうか?
お軸を巻いたけど、紐のくくり方が分からないという状況はあると思います。

そんなときに困らないよう動画で解説しておりますので、よろしければご覧ください。

※「いいね」「コメント」いただければ嬉しいです^_^



人が悲しいラブソングを聴く理由

書道と関係ない話題をひとつ。

今日ラジオを聴いていて面白い話題が語られていました。

なぜ人は悲しいラブソングをわざわざ聴くのか?

それを研究していたチームが研究結果を発表したそうなんです。

その理由は、、、、

 

「悲しい気持ちにひたりたいから。」

って当たり前やん!

と思わず心の中でツッコんでしまいました。

でも、ちょっと気になったので、ボクなりに考えてみたんです。

ボクなりの結論は、

悲しい気持ちをとことん味わうことで、潜在意識がその先にある幸せの快感を味わおうとしているのではないか?

人生バランスですから、谷があれば山があります。

悲しいことがあれば、楽しいことが訪れる。

普段楽しいと思っていなかったことも悲しみを経験することで、楽しかったことに気づく。

人生プラスマイナスゼロ。

その悲しい振り幅が大きい分、幸せな気持ちになれることをボクたちは本能的に知ってるのかもしれません。

あくまで推測ですけどね^_^

※よかったら「いいね」や「コメント」お願いいたします



マーブリングの使い方を動画で

創作イメージを広げてくれるツールとしてマーブリングがあります。

ご存じの方は多いと思いますが、マーブリングは、にじみ絵やカラー墨流しが手軽にできる絵具で、偶然にできる造形美を楽しむことができます。
特別な技術は必要なく、紙でも布でも対応しますので、気軽に創作にお試しください。

書道にマーブリング 書道にマーブリング 書道にマーブリング 書道にマーブリング 書道にマーブリング 書道にマーブリング 書道にマーブリング 書道にマーブリング

マーブリングの使い方を動画でご覧いただけます。

もし興味をもっていただいた場合は、こちらでご購入いただけます。

http://www.osakakyouzai.com/item/shuji/shJ-011.html



書家・永山玳潤さんの展覧会

書家・永山玳潤さんの展覧会に行ってきました。

今回は、書道、プリザードフラワー、灯りの合同展というカタチで開催されています。

場所は、大阪・堺市の南海本線・浜寺公園駅すぐの場所。
この辺りは路面電車や明治時代の建造物が残っているレトロな雰囲気のある街並です。

浜寺公園駅の真横が会場です。

書道家

会場に足を踏み入れると、
暗がりの中、小さい灯りの中から書作品が現れます。

書道家 書道家

明るさ絶妙、
怪しげに照らしだされた作品
画像ではお伝えが難しいですが、素敵な演出です。

開催は5月26日午後5時まで。
photo (8)

 

 

 

 



おすすめの本「日本のこころの教育」

日本のこころの教育

書道とは全く関係の無いネタ、おすすめ本を紹介します。
境野勝悟さんの「日本のこころの教育」です。
政治的、思想的なことは含まれていませんよ^_^

この本の中にこんな言葉があります。

海外に行って、「日本人って何ですか」と聞かれたら、
「私たちの命の原因が太陽だと知って、その太陽に感謝して、太陽のように丸く、明るく、 豊かに、元気に生きる。これが日本人です。」とおっしゃってください。

ボクたちのご先祖様は自然、特に太陽をすごく大事にしたんですね。

昔の日本人は日の出前に外に出て、日が昇ると太陽に向かって、
「今日も1日よろしくお願いします」
って挨拶していたそうなんです。太陽に。

ご先祖さまは太陽からの恵みに感謝して生きていたんですね。
これが日本の心の基本だったようです。

感謝して生きることが出来る人間が幸福だった。
現代社会でボクたちが幸せに生きるためのヒントがこの本にある気がします。

 

 

 



東北被災地応援

「みんな一書カレンダー」をご紹介します。

このカレンダーを1冊1000円(税込・送料は当店負担)でご購入いただければ、収益の全額を被災地支援に使っていただくことができます。被災地の子供たちに文房具をプレゼントされたりするそうです。

1点ご了解いただきたいのは、このカレンダーは3月11日がスタートのカレンダーのため、すでに2カ月以上経過してしまっておりますので、実質10か月ほどしかお使いいただけません。
是非休眠中のカレンダー達をみなさまのお力で起こしてあげてください。

どうぞよろしくお願いいたします。

お買上げいただける場合
お名前・ご住所・お電話番号・お支払方法(銀行振込か郵便振替の後払い)・ご注文数をお書き添えの上、メールにご連絡ください。

みんな一書
みんな一書
http://minna-issho.shojin.net/?page_id=gallery&data_id=works%2Fcalendar

企画・製造
NPO法人-みんな一書
http://minna-issho.shojin.net/

販売応援
大阪教材社
http://www.osakakyouzai.com/
■■■■■■■■■■■■■■■■■
大阪教材社
盛喜 一輝 KAZUTERU MORIKI
大阪府堺市中区深井中町1994-3
tel.072-277-1237
fax.072-277-6301
URL http://www.osakakyouzai.com/
E-mail moriki@osakakyouzai.com
■■■■■■■■■■■■■■■■■



パフォーマンス書道

最近、パフォーマンス書道が流行っています。
書道系のマンガや映画が影響しているようですが、
このパフォーマンス書道、肯定派と否定派に意見が分かれているようです。

とはいえ、パフォーマンス書道は大作づくりにプラスになるということがあると思うんです。
リズム感や抑揚など、小さな作品には気づかなかったことを発見するキッカケになると。
これは自分の表現の幅を広げるには大変よいことではないでしょうか。

オーディエンスの前でのライブですから、メンタルが強くなる、なんて効果もあるかもしれませんね。
一番良いことは、ダイレクトにお客さんの反応があるので、書家さんも楽しいようです。

パフォーマンス書道が邪道にならないためには、常に自己研鑚の場とする必要があると思います。
質の高さも求められますので、抑揚や動きの際立った古典を学んで、線の鍛練が不可欠ですね。

個人的には、小さな書道専門のお店ではありますが、もっと盛り上がるお手伝いをして、パフォーマンス書道を楽しんでもらいたいと思っています。

画像は川瀬碧水さんのパフォーマンス
http://blog.kawasemi-style.com/
パフォーマンス書道