月別アーカイブ: 2017年9月

作品を専門店に裏打してもらう際の注意点

書いた作品を軸装や額装する際、職人さんにしてもらう裏打作業。

この作業は水を使用するため、作品によっては、墨がにじんだり、散ることが稀にあります。
では、どのような作品でそのようなことが起こるのでしょうか?

裏打は作品を裏にして、水を吹き、刷毛で紙を伸ばしますが、その際に墨がにじんだり、散ったりすることがあります。

筆圧をかけた墨だまり部分、ハネやカスレの部分がにじむことはあまり無いようです。
液体墨を利用した作品の場合、「作品用」「制作用」と書かれた墨液を使用すれば、問題ありませんが、保存状態や使用期限が切れた墨液を使った作品の裏打はあまりオススメしません。

子供さん用の安価な墨液は、専用の薬品を使って注意深く裏打しますが、紙との相性などの悪条件が重なるとにじみがでたり、散ることがあります。
このような墨液を使用した作品を専門店に依頼する場合は、お店に伝えておくとよいと思います。

~書道ライフを快適・豊かに~
書道専門店 大阪教材社
盛喜 一輝 KAZUTERU MORIKI
〒599-8272 大阪府堺市中区深井中町1994-3
TEL 072-277-1237
FAX 072-277-6301
URL http://www.osakakyouzai.com/
E-mail moriki@osakakyouzai.com
LINE http://accountpage.line.me/shodouya
LINE ID @shodouya