タグ別アーカイブ: 古典

かなの学び方

習う順序に関しては、先生によって違いがありますが、漢字の楷書・行書・草書を一通り終えてから「かな」に入る場合が多いようです。
「漢字」は大きい字で楷書から基礎的な筆の使い方を学んだ後、小さい「かな」を学びます。
「かな」の字体は、「漢字」より小さいため筆画も小さく短いので、改善点も見つけにくい傾向があります。
筆の動きが大きく見やすい「漢字」から学ぶ方が理解しやすいと思います。

1.模倣

まずはお手本で文字の点画や形を模倣し、筆の使い方(用筆法)を学びます。

2.臨書

先生の古典臨書肉筆の手本を参考に、古典の原本と比較しながら練習します。
この時点で古典のよさを見て判断することが難しいですが、とにかく古典と肉筆を比較しつつ、目にすることが大事です。
その後、先生の肉筆手本に頼らずに、直接古典を使って練習します。

3.創作

臨書は書道の向上に欠かせないものではありますが、臨書を通じてその人自身の書が書ける時期に入ります。

かな手本の選び方

かなの手本・古典には、いろいろな書風があります。
漢字では楷書・行書・草書という順で学んでいきますが、かなにおいても同じような順序で学びすすめることがよいと思います。
以下に、学ぶ時期に応じたオススメのかな手本・古典をご紹介します。

かなの楷書的手本(細くて強い線で・連綿法は二字連綿・三字連綿を正確に書きます)

和漢朗詠集(伝藤原行成書)・五首一紙・高野切第三種・伊予切・元暦校本萬葉集など

かなの行書的手本(流れるような線で・二字連綿・三字連綿から数字連綿の自然な流れを学びます)

関戸古今集・升色紙・曼殊院本古今集など

かなの草書的手本(学んできたことをベースに自由に)

一条摂政集(伝西行書)・寸松庵色紙・継色紙・本阿弥切など

そのほかにも優れた古典はたくさんありますが、学ぶ上で上記の古典がおすすめです。

大阪教材社
盛喜 一輝 KAZUTERU MORIKI
〒599-8272
大阪府堺市中区深井中町1994-3
TEL 072-277-1237
FAX 072-277-6301
URL http://www.osakakyouzai.com/
E-mail moriki@osakakyouzai.com
LINE http://accountpage.line.me/shodouya
LINE ID @shodouya

youtubeで書道関連の動画投稿してます
↓↓↓
https://www.youtube.com/user/shakyoya

 

 



古典の臨書をはじめるのにおすすめは?

楷書では、欧陽詢と虞世南の傑作が挙げられます。

欧陽詢の九成宮醴泉銘(きゅうせいきゅうれいせんのめい)、直線的で理知の美を感じます。
特にこの九成宮醴泉銘は楷書の古典を勉強するには必修です。

虞世南の孔子廟堂之碑(こうしびょうどうのひ)、丸みがあって情感的な美を感じることができます。
孔子廟堂之碑は、学ぶ過程において、ここから入ってここに終わると言われています。

行書は、王羲之の蘭亭叙(らんていのじょ)
書聖と呼ばれる王羲之が書いたもので、書の最高傑作とされています。

顔真卿 祭姪文稿(さいてつもんこう)も良いと思います。
蘭亭叙と並び称される傑作です。

草書では、王羲之の十七帖(じゅうしちじょう)
東晋の手紙(尺牘せきとく)二十九帖を集めたもので、草書の基本法帖です。

孫過庭の書譜(しょふ)は漢代以降の書家を評価したり、書法や学習法を解説した書論です。
書としても評価が高く、「十七帖」を学ぶ前に書譜をした方がよいと言われています。
王羲之の系統をよく承けた作品です。
九成宮醴泉銘九成宮醴泉銘



書道の練習はどうすればいいですか?

師匠を見つけて書法を学ぶことは前提として、古典を勉強されてはいかがでしょうか?

書道では古典(昔の偉人の努力と創意の積み重ねで生まれた美しい筆跡)を学ぶことが最も正しい書道の学習方法としています。

古典を臨書(手本を見ながら真似て書くこと。見本の字形や筆使い,字配りや全体の気風を学ぶ)する目的は2つあります。

1.古典のもつ内容を習得することを目的とし、古典を鑑賞して古人の作品に対する態度や心境を想像したり、その古典の特徴を感じとり表現する方法を体得することを目的にしています。

2.古典をベースに作品を書く場合です。
自己表現として書くので、主観的な作品になり古典のものとは違った仕上がりになります。

まずは古典を真似て書いてみることからはじめてみてください。
書道 

■■■■■■■■■■■■■■■■■
~書道ライフを快適・豊かに~
書道用品専門店 大阪教材社
大阪府堺市中区深井中町1994-3
盛喜 一輝 KAZUTERU MORIKI
URL     http://www.osakakyouzai.com/
E-mail  moriki@osakakyouzai.com
■■■■■■■■■■■■■■■■■