タグ別アーカイブ: 顔真卿

顔真卿と多宝塔碑について

多宝塔碑は、中国唐の四大家の一人・顔真卿によるもので、楷書の古典の中でも有名です。

フルネームは「大唐西京千福寺多宝仏塔感応碑」で、現在は西安碑林にあります。
碑面の状態がよく、拓も明瞭なので、楷書のお手本として昔からよく使われています。

長安の東の千福寺に多宝塔が建てられ、745年に完成します。
その千福寺の僧「楚金」が碑文をシンクンに頼み、書を顔真卿に依頼したのです。
顔真卿は当時44歳で、現存する真卿の作品の中では最も若いときのものです。

少し顔真卿のことにも触れてみたいと思います。

性格は剛直だったそうです。
馬鹿がつくほどの真面目な人物で、最期は敵軍にたった一人で交渉のために乗り込んで、寝返りしろというのを断って殺されてしまいます。
存命中は顔一族の長たる気概にあふれ、また、小学(文字学)の家系であることに誇りをもっていたそうです。
顔真卿の人となりを知ると、性格が作品に現れているような気がいたします。

多宝塔碑

~書道ライフを快適・豊かに~
書道専門店 大阪教材社
盛喜 一輝 KAZUTERU MORIKI
〒599-8272 大阪府堺市中区深井中町1994-3
TEL 072-277-1237
FAX 072-277-6301
URL http://www.osakakyouzai.com/
E-mail moriki@osakakyouzai.com
LINE http://accountpage.line.me/shodouya
LINE ID @shodouya



顔真卿の古典について

顔法とは、顔真卿の書法という意味。

「祭姪文稿」は真跡の伝わった名作ですし、真跡の伝わらない「争座位文稿」「祭伯文稿」が草書まじりの行書の古典として有名です。

顔真卿は、楷書もたくさん書いています。

楷書では「顔勤礼碑」「顔氏家廟碑」「多宝塔碑」「東方朔画賛」「麻姑山仙壇記」などがよく知られています。

忠義堂帖」、これは南宋の劉元剛という人が、顔真卿の書を集めて刻した帖です。
原刻本はないですが、50近い顔真卿の書がおさめられていたのではないかと言われてます。

大阪教材社(大阪府堺市の書道用品専門店)
〒599-8272
大阪府堺市中区深井中町1994-3
TEL 072-277-1237
FAX  072-277-6301
moriki@osakakyouzai.com