書道用品全般・各種和紙・表装   
     大阪教材社  
 osakakyouzai.com
いらっしゃいませ。お客様のご要望に合った書道筆を提案させていただく「大阪教材社」です。
リンク販売法に基づく表示店舗案内アクセスMAPよくある質問注文方法お問い合わせ
書道用品カテゴリ−
書 籍
※書籍は別決済
書道セット
書道筆
大筆大筆
中筆中筆
小筆小筆
唐筆中国筆(唐筆)
特殊筆特殊筆
特大筆特大筆
書道墨
墨液墨液
墨固形墨k
練墨練墨
添加墨添加墨
墨すり機
彩液
書道用紙
書初用紙書初めサイズ
半紙半紙サイズ
半切半切サイズ
全紙全紙・尺八サイズ
料紙料紙
臨書用紙臨書用紙
色紙色紙
短冊短冊
絵手紙はがき絵手紙はがき
奉書紙奉書紙
硯硯石
硯箱硯箱
書道下敷
篆刻用品
印材印材(篆刻用石)
印刀印刀
印泥印泥
篆刻セット篆刻セット
篆刻用品篆刻周辺用具
絵手紙道具
写経用品
写経用紙写経用紙
写経筆写経筆
写経セット写経セット
写経墨写経墨
書道周辺用具 家具
筆巻筆巻  
水滴・水差水滴 水差
文鎮文鎮
筆筒筆筒   
墨床墨床
桐箱桐箱
墨落とし墨おとし
書道小物その他書道小物
書道机書道机
筆ペン
万年毛筆
表具材料
表具 表装
軸装軸装
額縁額縁
遍路表具遍路表具 
軸箱
仮巻軸
胎毛筆
浮世絵版画
HOME  > 大筆 > 5号 欧法筆
前のページ 大筆一覧へ 次のページ


書道大筆 一休園 欧法筆

5号鼬毛 欧法筆 OHOHITU

弘法も筆を選ぶ

\5,400 \4,320(税込)

お名前彫りのサービス出来ますよ!
定価¥5000以上の商品をお買上のお客様には名前入りの
サービスをさせていただいております。ご希望の方はカゴ横
の選択箇所を「名有り」としてください。


■毛質 純イタチ毛
■直径×穂丈 8×42mm
■軸径×軸長 11×210mm
■硬さ(柔⇔硬) 1・2・3・
■商品特徴 初心者〜上級者向け
半紙4〜6字用。
楷書・行書に抜群の威力を発揮してくれます。
書きやすさはピカイチです。穂先が鋭く、切れ味の良い線を出せるのが特徴です。
¥3150定価の欧法筆との違いは穂先の長さにあります。
言い換えれば命毛の長さの違いです。命毛が長いことにより、線の伸びに差が生まれます。
穂先の長さの少しの違いですが、線に対しては大きな違いが生まれます。
作品用でワンランク上をご希望の先生には精選狼亳をお勧めします。
使いすすめるうちに、穂先は磨耗します。
これは穂先の鋭さが特徴の欧法筆には致命的です。いままでのようなシャープな線が出なくなってきたと思った時、それがその筆の寿命といえるかもしれません。
お客様がその筆を愛し、長く使いたいと思っていただけるなら、同じ筆を3〜5本購入されることをお勧めいたします。
それらを交互に使い分けることによって、筆は休息中に息を吹き返し元気になります。

ひたすらに、・・・書きやすさ、描きやすさを求めた「品質本位」。

                 この筆を作っているはこの方です。
伝統工芸士 
中 川 聖 峰
伝統工芸士とは
伝統的な技術・技法によってつくり出された熊野筆。昭和50年には毛筆産業として全国で初めて通産大臣より「伝統的工芸品」の指定を受けました。熊野筆の製造に12年以上携わり、筆作りにおいて高度な伝統的技術を有する筆司もにが通産大臣より伝統的工芸士として認定されています。

日本一の筆の町を支えているのは職人の技です。現在、熊野町には約二千人もの「筆司(ふでし)」と呼ばれている筆づくりの技術者がいます。なかでも 40〜50年もの間筆づくり一筋に取り組む「伝統工芸士」といわれる筆司は、全国の書道家の特注品を手掛ける程の筆づくり名人です。
女性2人を含む二三名の筆司が伝統工芸士として活躍し、数々の名品を世に送り出しています。





さくら SAKURA

詳しくはコチラ


一休園の太筆 欧法筆
欧法筆 OHOHITU

詳しくはコチラ




端渓 麻子坑長方硯

詳しくはコチラ



顕微無間


詳しくはコチラ

呉竹墨液 書芸呉竹
書芸呉竹  

詳しくはコチラ




スーパー墨磨職人

詳しくはコチラ


下敷半切 2mm
450×1500mm
色:濃紺・花紺・黒・白・赤・緑

詳しくはコチラ


■お買い物の前にコチラをご覧ください。
5,250円以上のお買上で送料無料です!

5250円に満たない場合、書道教室のご友人と共同購入されてはいかがでしょうか?
送料無料が使えてお得ですよ。

初めてご利用のお客様へ 販売法に基づく表示
■買い物カゴ以外のご注文方法
 Eメール  お電話 072−277−1237  FAX 072−277−6301
■掲載外の商品もお探しします。
弊社でお取り寄せ可能かお調べた上で、ご提供可能かお知らせいたします。
まずは電話・メール・FAXでお問い合わせください。
トップページに戻る