タグ別アーカイブ: かな

かなの学び方

習う順序に関しては、先生によって違いがありますが、漢字の楷書・行書・草書を一通り終えてから「かな」に入る場合が多いようです。
「漢字」は大きい字で楷書から基礎的な筆の使い方を学んだ後、小さい「かな」を学びます。
「かな」の字体は、「漢字」より小さいため筆画も小さく短いので、改善点も見つけにくい傾向があります。
筆の動きが大きく見やすい「漢字」から学ぶ方が理解しやすいと思います。

1.模倣

まずはお手本で文字の点画や形を模倣し、筆の使い方(用筆法)を学びます。

2.臨書

先生の古典臨書肉筆の手本を参考に、古典の原本と比較しながら練習します。
この時点で古典のよさを見て判断することが難しいですが、とにかく古典と肉筆を比較しつつ、目にすることが大事です。
その後、先生の肉筆手本に頼らずに、直接古典を使って練習します。

3.創作

臨書は書道の向上に欠かせないものではありますが、臨書を通じてその人自身の書が書ける時期に入ります。

かな手本の選び方

かなの手本・古典には、いろいろな書風があります。
漢字では楷書・行書・草書という順で学んでいきますが、かなにおいても同じような順序で学びすすめることがよいと思います。
以下に、学ぶ時期に応じたオススメのかな手本・古典をご紹介します。

かなの楷書的手本(細くて強い線で・連綿法は二字連綿・三字連綿を正確に書きます)

和漢朗詠集(伝藤原行成書)・五首一紙・高野切第三種・伊予切・元暦校本萬葉集など

かなの行書的手本(流れるような線で・二字連綿・三字連綿から数字連綿の自然な流れを学びます)

関戸古今集・升色紙・曼殊院本古今集など

かなの草書的手本(学んできたことをベースに自由に)

一条摂政集(伝西行書)・寸松庵色紙・継色紙・本阿弥切など

そのほかにも優れた古典はたくさんありますが、学ぶ上で上記の古典がおすすめです。

大阪教材社
盛喜 一輝 KAZUTERU MORIKI
〒599-8272
大阪府堺市中区深井中町1994-3
TEL 072-277-1237
FAX 072-277-6301
URL http://www.osakakyouzai.com/
E-mail moriki@osakakyouzai.com
LINE http://accountpage.line.me/shodouya
LINE ID @shodouya

youtubeで書道関連の動画投稿してます
↓↓↓
https://www.youtube.com/user/shakyoya

 

 



かな書道が無形文化遺産に?

日本独自の伝統文化「かな書道」を国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録しようとする活動が、神戸から始まりつつあるそうです。(5月9日神戸新聞より)

「仮名は漢字を簡略化したものだが、円くて温かみのある日本人の心が込められている。仮名がなければ源氏物語も古今和歌集も生まれなかった。仮名こそ日本人のアイデンティティーの基盤といえる」

書道家・井茂圭洞先生の呼び掛けで、推進母体となる組織が発足。
かな書の優美で繊細な魅力を国内外にアピールすることを目指します。

井茂先生は2012年末ごろから無形文化遺産への登録を構想。
2013年春の日本芸術院会員就任祝賀会で関係者に明かします。

昨年11月、青柳正規(あおやぎまさのり)文化庁長官にユネスコへの登録申請を求める要望書を提出。

今年1月に日本書芸院、全国書美術振興会、全日本書道連盟の代表者と会合を持ち、「日本書道ユネスコ登録推進協議会」を設立。

4月に会合を開き、会長に全国書美術振興会会長の荒船清彦さんが就任。

文化勲章受章者の高木聖鶴先生、文化功労者の日比野光鳳先生を顧問に迎え、井茂先生は副会長の一人として実務を担います。

井茂先生は兵庫県立兵庫高校在学中に故深山龍洞(みやまりゅうどう)氏に師事。
師から受け継いだ「一東(いっとう)書道会」(神戸市兵庫区)の会長を務め、日展内閣総理大臣賞、日本芸術院賞、神戸新聞平和賞などを受けています。

推進協議会は7月、初の記者会見を東京で開き、本格的に始動。

井茂先生は「登録には早くて5年かかるといわれるが、活動を通じて書道文化を次世代へ橋渡ししたい」と話されています。

無形文化遺産とは?

無形文化遺産保護条約に基づき、ユネスコが登録・保護する各国の芸能や祭礼、伝統工芸技術など。
現在の登録件数は世界全体で314件、日本では22件。
遺跡や自然環境などが対象の「世界遺産」、文書や絵画などの「記憶遺産」と並ぶユネスコ三大遺産事業の一つとなっています。
かな書道
■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■

~書道ライフを快適・豊かに~

大阪教材社
盛喜 一輝 KAZUTERU MORIKI
〒599-8272
大阪府堺市中区深井中町1994-3
TEL 072-277-1237
FAX 072-277-6301
URL http://www.osakakyouzai.com/
E-mail moriki@osakakyouzai.com
LINE http://accountpage.line.me/shodouya
LINE ID @shodouya
■■■■■■■■■■■■■■■■■



本当は誰の かな作品なのですか?

小野道風、紀貫之、藤原行成、、、、

かなの名手として有名な人たち。

しかし、実際のところ、本当に彼らが書いたという確証のあるものは何1つありません。
単にそうであると昔から言い伝えられてきたにすぎないのです。

漢字の作品には誰が書いたとはっきりしたものがあるのに、かなの作品では確証なく言い伝えられているものばかりです。

かなの本を見ますと、作品や人名の付近に「伝」と書かれたものがありますが、これは「そう言い伝えられてきた」ということを意味します。

ちなみに紀貫之の書は実際はもっと純朴なものであったのではないかと言われています。
かな

大阪教材社
盛喜 一輝 KAZUTERU MORIKI
〒599-8272 大阪府堺市中区深井中町1994-3
TEL 072-277-1237
FAX 072-277-6301
URL http://www.osakakyouzai.com/
E-mail moriki@osakakyouzai.com
LINE http://accountpage.line.me/shodouya
LINE ID @shodouya



書家・藤原佐理ってどんな人?

小野道風・藤原行成とともに三跡の一人として、早くから草書の第一人者としての評価が高かった藤原佐理。
流麗で躍動感のある筆跡は「佐跡」と呼ばれました。

名門藤原家に生まれた佐理はずっと小野道風にあこがれていましたが、佐理が23歳のときに尊敬していた小野道風が亡くなってしまいます。
佐理は目標を失って落ち込みますが、血筋も手伝って出世は早かったようです。

出世が早く、書道の腕前でも有名だった藤原佐理でしたが、1つ問題がありました。

それは、、、まわりからの評価が最悪だったんです^_^;

「大鏡」によると、ものぐさで怠け者、酒飲みのぐうたらと辛辣な評価。

藤原佐理の書は、「離洛帖」などいくつか残っていますが、そのどれもが「大鏡」の評価を反映するかのように過ちや失敗に対する詫び状ばかり残っています。
詫び状以外にもあるはずなのですが、実物が残っているのは「詫び状」ばかり。・

お詫びや言い訳を流れるような筆さばきで書き残しているところが何とも面白いですね。
人間的には味わい深くて面白いキャラクターの持ち主だったのかもしれません。

藤原佐理

この文章を読んだ後にこの画を見ると、そのような感じの人に見えてきませんか?^_^