カテゴリー別アーカイブ: 書道古典

顔真卿と多宝塔碑について

多宝塔碑は、中国唐の四大家の一人・顔真卿によるもので、楷書の古典の中でも有名です。

フルネームは「大唐西京千福寺多宝仏塔感応碑」で、現在は西安碑林にあります。
碑面の状態がよく、拓も明瞭なので、楷書のお手本として昔からよく使われています。

長安の東の千福寺に多宝塔が建てられ、745年に完成します。
その千福寺の僧「楚金」が碑文をシンクンに頼み、書を顔真卿に依頼したのです。
顔真卿は当時44歳で、現存する真卿の作品の中では最も若いときのものです。

少し顔真卿のことにも触れてみたいと思います。

性格は剛直だったそうです。
馬鹿がつくほどの真面目な人物で、最期は敵軍にたった一人で交渉のために乗り込んで、寝返りしろというのを断って殺されてしまいます。
存命中は顔一族の長たる気概にあふれ、また、小学(文字学)の家系であることに誇りをもっていたそうです。
顔真卿の人となりを知ると、性格が作品に現れているような気がいたします。

多宝塔碑

~書道ライフを快適・豊かに~
書道専門店 大阪教材社
盛喜 一輝 KAZUTERU MORIKI
〒599-8272 大阪府堺市中区深井中町1994-3
TEL 072-277-1237
FAX 072-277-6301
URL http://www.osakakyouzai.com/
E-mail moriki@osakakyouzai.com
LINE http://accountpage.line.me/shodouya
LINE ID @shodouya



楷書・行書・草書はどのように学べばよいか?

古典の臨書、まずは王義之の書を臨書することをはじめてみてはいかがでしょうか?

王義之に続いて、唐代の太宗、チョ遂良、顔真卿の臨書をします。
これらの書家も王義之の臨書から書を学んだ上で、それぞれが違った表現をしています。

それらの臨書を経験すると、王義之の書のとらえ方が違うことを実感することが出来ます。
その経験をした後に、再び王義之の臨書をすると、以前とはまた違う解釈をえることができ
ます。

その他、米ふつや明清時代の書家の臨書もチャレンジしてください。

おすすめの古典

■楷書
欧陽詢 九成宮醴泉銘
虞世南 孔子廟堂碑
ちょ遂良 雁塔聖教序
顔真卿 顔勤礼碑
張猛龍碑
龍門造像記
鄭道昭・鄭羲下碑
光明皇后 楽毅論

■行書
王義之 蘭亭序
王義之 集王聖教序
ちょ遂良 枯樹賦
太宗 温泉銘
顔真卿 争座位稿

■草書
王義之 十七帖
懐素 千字文
孫過庭 書譜

~書道ライフを快適・豊かに~
大阪教材社
盛喜 一輝 KAZUTERU MORIKI
〒599-8272 大阪府堺市中区深井中町1994-3
TEL 072-277-1237
FAX 072-277-6301
URL http://www.osakakyouzai.com/
E-mail moriki@osakakyouzai.com
LINE http://accountpage.line.me/shodouya
LINE ID @shodouya