初唐の三大家とは?

書道
投稿日:2020年5月15日

初唐の三大家とは

初唐の三大家は、書道において重要な中国初唐時代の人物3名の総称です。

  1. 初唐の三大家読み方
  2. 初唐の三大家とは
  3. 初唐の三大家 書の特徴
  4. 初唐の三大家と主な作品

初唐の三大家読み方

初唐の三大家は、「しょとうのさんたいか」と読みます。

初唐の三大家とは

初唐の三大家とは、虞世南・欧陽詢・褚遂良をいい、中国の初唐時代に太宗に仕えた書の大家3人です。
虞世南・欧陽詢は同年代で、褚遂良は40年の後輩にあたります。

ちなみに初唐の三大家に薛稷(せっしょく)を加えると、初唐の四大家といいます。
欧陽詢は、楷書の四大家の一人でもあります(欧陽詢・顔真卿・柳公権・趙孟頫)。

初唐の三大家 書の特徴

初唐の三大家(虞世南・欧陽詢・褚遂良)の出現で、楷書に新たな局面がひらかれます。いずれも王羲之の書を手本としており、すぐれて理想的な美しい楷書が完成されます。

初唐の三大家と主な作品

  • 欧陽詢 557年 – 641年

宗聖観記                (隷書 626年)
房彦謙碑                (隷書 631年)
化度寺邕禅師塔銘(楷書 631年)
九成宮醴泉銘        (楷書 632年)
温彦博碑                (楷書 637年)
皇甫誕碑                (楷書 627年から641年頃)

  • 虞世南 558年 – 638年

孔子廟堂碑(楷書 627年頃)

  • 褚遂良 596年 – 658年

伊闕仏龕碑(楷書 641年)
孟法師碑    (楷書 642年)
房玄齢碑    (楷書 649年から652年頃)
雁塔聖教序(楷書 653年)

~書道ライフを快適・豊かに~

書道専門店 大阪教材社
盛喜一輝
大阪府堺市中区深井中町1994‐3
TEL     072-277-1237
FAX     072-277-6301
URL     http://www.osakakyouzai.com/
E-mail  moriki@osakakyouzai.com