趙孟頫(ちょうもうふ)元代の書家

書道
投稿日:2020年5月31日
趙孟頫の書

趙孟頫(ちょうもうふ)元代の書家

    1. 趙孟頫(ちょうもうふ)ってどんな人?
    2. 趙孟頫の書風
    3. 趙孟頫 臨書のポイント
    4. 趙孟頫の作品
    5. 趙孟頫の書道関連書籍

趙孟頫の古書販売ページを見る


趙孟頫(ちょうもうふ)ってどんな人?

(ちょうもうふ)は、南宋から元書家であり、画家・文人・政治家です。
字:子昂
号:松雪

王羲之の書風を学び、宋代の奔放な書風と一線を画し、後代に典型を提示しました。

詩文をよくし、音楽にも精通しましたが、特に書画に優れ元の書画に足跡を残しました。
詩文集「松雪斎集」
篆刻「印史」

26歳のときに宋が滅亡。宋代の皇族でありながら異例の待遇を受けましたが、宋を滅ぼした元に仕えたため、節度がないとし非難を浴びました。

文徴明は、趙孟頫を慕い、師と仰いでいたようです。

趙孟頫の書風

趙孟頫は、1日1万字を書くと言われる練習量で、篆書・隷書・楷書・行書・草書をよくしました。
楷書・行書は、二王(王羲之・王献之)を学び、その細部までの完成度は他の追随を許しません。
元の時代の巨碑は、ほとんど趙孟頫によるもので、徐浩(じょこう)・李邕(りよう)以来の巨匠と言われています。
学書は、南宋の高宗、その後鍾 繇(しょうよう)と王羲之・王献之、最後に李邕(りよう)へと変化したようです。

趙孟頫 臨書のポイント

  • 晋唐の書法に拠った端麗な字形
  • 多様な筆画の痩肥

趙孟頫の作品

蘭亭十三跋 57歳の書。王羲之・王献之の書に熟達した著名な行書・草書の作品です。
楷書玄妙観重脩三門記巻
漢汲黯伝
道徳経
楷書張総管墓誌銘巻
方外交流 68歳の書。李邕の影響が濃い作品

趙孟頫の書道関連書籍

中国法書選49:趙孟頫集
書学大系II 第2帙
書迹名品集成 第9巻 趙孟頫ちょうもうふ 與中峯札

趙孟頫の古書販売ページを見る

趙孟頫の書~書道ライフを快適・豊かに~

書道専門店 大阪教材社

盛喜 一輝 KAZUTERU MORIKI
大阪府堺市中区深井中町1994‐3
TEL     072-277-1237
FAX     072-277-6301
URL     http://www.osakakyouzai.com/
E-mail  moriki@osakakyouzai.com