曹全碑について

書道
投稿日:2020年10月26日
曹全碑

曹全碑について

曹全碑は、礼器碑とともに有名な隷書の古典作品です。
以下でどのような特徴があるのか見ていきましょう。

  1. 曹全碑 読み方
  2. 曹全碑の作者
  3. 曹全碑とは
  4. 曹全碑の臨書/書き方
  5. 曹全碑 全文

曹全碑の古書販売ページを見る


曹全碑 読み方

曹全碑は、「そうぜんひ」と読みます。
曹全碑の全名は、郃陽令曹全碑「こうようれいそうぜんひ」です。

曹全碑の作者

曹全碑の作者は不明です。

曹全碑とは

185年の刻、隷書の古典作品で、陝西省郃陽県令であった曹全の人徳をたたえた碑です。
現在は陝西省博物館(西安碑林)に所蔵されています。

曹全碑の特徴は、左右のつりあいが整っており、形が扁平。波法は、伸びやかで美しいです。
波法(波勢・波磔)は、隷書独特の波のうねりのような線です。
八分隷の格式が守られて少しも乱れを見せていません。
細やかな変化を用いた技巧的な要素も備わっており、漢の八分隷の代表的な名品です。
漢の八分隷の名品としては、礼器碑も有名です。
礼器碑が男性的気質であるのに対して、曹全碑は女性的であるとされています。

曹全碑の臨書は、何紹基(かしょうき)・楊峴(ようけん)・呉熙載(ごきさい)らがよくしたことが知られています。
曹全碑

曹全碑の臨書 書き方のヒント

隷書初心者の方は、まず曹全碑から入る方が多いようです。
拓が比較的鮮明で、字画が確認しやすく八分体を学ぶのに最適です。

臨書のポイントは、流麗で抑揚のある運筆・巧みな分間布白・波勢を抑えた書風です。

曹全碑 全文

君諱全,字景完,敦煌效穀人也,其先蓋周之冑,武王秉乾之機,翦伐殷商,既定爾勳,福祿攸同,封弟叔振鐸于曹國,因氏焉,秦漢之際,曹參夾輔王室,世宗廓土斥竟,子孫遷于雍州之郊,分止右扶風,或在安定,或處武都,或居隴西,或家敦煌,枝分葉布,所在為雄,君高祖父敏,舉孝廉,武威長史,巴郡朐忍令,張掖居延都尉,曾祖父述,孝廉,謁者,金城長史,夏陽令,蜀郡西部都尉,祖父鳳,孝廉,張掖屬國都尉丞,右扶風隃糜侯相,金城西部都尉,北地太守,父■,少貫名州郡,不幸早世,是以位不副德,君童齔好學,甄極瑟緯,無文不綜,賢孝之性,根生於心,收養季祖母,供事繼母,先意承志,存亡之敬,禮無遺闕,是以鄉人為之諺曰:重親致歡曹景完,易世載德,不隕其名,及其從攻,清擬夷齊,直慕史魚,歷郡右職,上計掾史,仍辟涼州,常為治中,別駕,紀綱萬里,朱紫不謬,出典諸郡,彈枉糾邪,貪暴洗心,同僚服德,遠近憚威,建寧二年,舉孝廉,除郎中,拜西域戊部司馬,時疏勒國王和德,弒父篡位,不供職貢,君興師征討,有率膿之仁,分醪之惠,攻城野戰,謀若涌泉,威牟諸賁,和德面縛歸死,還師振旅,諸國禮遺,且二百萬,悉以簿官,遷右夫風槐里令,遭同產弟憂棄官,續遇禁网,潛隱家巷七年,光和六年,復舉孝廉,七年三月,除郎中,拜酒泉祿福長,訞賊張角,起兵幽冀,兗豫荊楊,同時矂樱而縣民郭家等,復造逆亂,燔燒城寺,萬民騷擾,人褱不安,三郡告急,羽檄仍至,于時聖主諮諏,群僚咸曰:君哉,轉拜郃陽令,收合餘燼,芟夷殘,絕其本根,遂訪故老商量,?艾王敞、王畢等,恤民之要,存慰高年,撫育鰥寡,以家錢糴米粟,賜拭ぃ大女桃婓等,合七首藥神明膏,親至離亭,部吏王宰、程橫等,賦與有疾者,咸蒙瘳悛,惠政之流,甚於置郵,百姓繈負,反者如雲,輯治廧屋,市肆列陳,風雨時節,歲獲豐年,農夫織婦,百工戴恩,縣前以河平元年,遭白茅谷水莺Γ退於戊亥閒,興造城郭,是後舊姓及修身之士,官位不登,君乃閔縉紳之徒不濟,開南寺門,承望華嶽,鄉明而治,庶使學者李儒、欒規、程寅等,各獲人爵之報,廓廣聽事官舍,廷曹郎閤,升降揖讓朝覲之階,費不出民,役不干時,門下掾王敞,錄事掾王畢,主簿王歷,戶曹掾秦尚,功曹史王顓等,嘉慕奚斯,考甫之美,乃共刊石紀功,其辭曰:懿明后,德義章,貢王廷,征鬼方,威布烈,安殊荒,還師旅,臨槐里,感孔懷,赴喪紀,嗟逆賊,燔城市,特受命,理殘圯,芟不臣,寧黔首,繕官寺,開南門,闕嵯峨,望華山,鄉明治,惠沾渥,吏樂政,民給足,君高升,極鼎足 中平二年十月丙辰造

曹全碑の古書販売ページを見る

~書道ライフを快適・豊かに~

書道専門店 大阪教材社

盛喜 一輝 KAZUTERU MORIKI
大阪府堺市中区深井中町1994‐3
TEL 072-277-1237
FAX 072-277-6301
URL http://www.osakakyouzai.com/
E-mail moriki@osakakyouzai.com