上田桑鳩の書

書道
投稿日:2020年7月9日
上田桑鳩臨黄庭経

上田桑鳩の書

    1. 上田桑鳩とは?
    2. 上田桑鳩 書の特徴
    3. 上田桑鳩の代表作品

上田桑鳩の古書販売ページを見る


上田桑鳩とは?

上田 桑鳩(うえだ そうきゅう)は、日本の書道家です。
1899-1968

桑鳩は号で、初名は順、後に容煕(よしひろ)
字は理卿(りけい)
書ははじめ井原雲涯・近藤雪竹に学び、後に比田井天来に師事し多様な古典を学びます。
32歳のとき、第1回泰東書道展に出品した「臨黄庭経」で文部大臣賞を受賞し、名声が高まります。
35歳のとき、書道芸術社を結成し、雑誌「書道芸術」を創刊して造形としての書について論を発表。
49歳のとき、書の美術研究社を結成し、前衛書道を推進しました。
50歳で雑誌「書の美」を発刊。
53歳のとき、日展に造形的色彩の強い作品「愛」を委嘱出品しますが、作品「愛」を巡って論議が起こり、同展を脱退します。
その後は書と画、陶芸との融合をはかりつつ、前衛書道・墨象を推進しました。

門弟には宇野雪村・小川瓦木・弦巻松蔭など

上田桑鳩 書の特徴

上田桑鳩は、現代書のパイオニアとして前衛書道に大きな影響を与えました。

比田井天来の学書法を継承して、多くの中国の古碑帖の書法を究め、さらに貫名菘翁・白隠・空海・副島蒼海らの書に傾倒しました。
それらの書法を分解し、独特の書法に構成し直して作品にしました。
さらに文字をベースに抽象的な作品や文字性の無い作品も残しています。

上田桑鳩の代表作品

「天地吾盧」
「愛」
「鳳」
「一塵不到」
「遍照」
「いろは歌」

上田桑鳩の古書販売ページを見る

上田桑鳩臨黄庭経
上田桑鳩臨黄庭経
~書道ライフを快適・豊かに~

書道専門店 大阪教材社

盛喜 一輝 KAZUTERU MORIKI
大阪府堺市中区深井中町1994‐3
TEL     072-277-1237
FAX     072-277-6301
URL     http://www.osakakyouzai.com/
E-mail  moriki@osakakyouzai.com