十五番歌合とは

書道
投稿日:2020年10月14日
十五番歌合

十五番歌合とは

  1. 十五番歌合の筆者は?
  2. 十五番歌合について
  3. 十五番歌合の特徴

十五番歌合の古書販売ページを見る


十五番歌合の筆者は?

筆者は、撰者の藤原公任(ふじわらのきんとう)とされてきましたが、藤原伊房(ふじわらのこれふさ)ではないかともいわれています。
同筆とされているものには、以下があります。
「伝公任筆藍紙本萬葉集」
「紙朗詠集」
「伊房筆北山抄」
「伝伊経筆尼子切」

十五番歌合について

料紙は、唐紙と蝋箋で布目はなく、白、藍、茶などの具引きに、孔雀の丸、獅子の丸、鳳凰の丸、菱唐草などが刷られています。

歌は三十六歌仙と同じものが多く、歌人は柿本人麻呂・山部赤人など、古今和歌集・萬葉集・後撰和歌集・拾遺和歌集時代の名家である30人のすぐれた和歌をあげています。
30人の代表歌を1首ずつ選び、左右に分けて十五番の歌合わせの形式で構成されています。
時代の異なる歌人の組み合わせたもので、藤原公任の和歌における意識を表明した歌学書のようなものです。

もとは巻子本に30首書写されたものと考えられていますが、今知られているのは、前田家蔵の8首と、諸家で保管されている6首です。

十五番歌合の特徴

書体は草書です。
構成上多くの変化がみられ、稜々とした気骨を感じます。
大ぶりで躍動感ある放ち書きです。

十五番歌合の古書販売ページを見る

十五番歌合
~書道ライフを快適・豊かに~

書道専門店 大阪教材社

盛喜 一輝 KAZUTERU MORIKI
大阪府堺市中区深井中町1994‐3
TEL 072-277-1237
FAX 072-277-6301
URL http://www.osakakyouzai.com/
E-mail moriki@osakakyouzai.com