明清の書 明清風

書道
投稿日:2020年9月8日
明清の書

明清の書 明清風

  1. 明清風とは
  2. 明清風の書家
  3. 明清の書 人気がでた理由

明清風とは

明清風とは、中国の明代および清代の書風を言います。

明清風の書家

明清風の対象は、董其昌(とうきしょう)・張瑞図(ちょうずいと)・王鐸(おうたく)・倪元璐(げいげんろ)・傅山(ふざん)などの書風です。

日本では江戸時代、文徴明の書風が好まれて流行しており、唐様(からよう)と言われていましたが、文徴明の書風は明清風とは言いません。

明清の書 人気がでた理由

1.日本では展覧会で長条幅作品の出品が増えますが、晋・唐・六朝時代の書には長条幅がない。

2.明末から清の初めは、長条幅のすぐれた作品が多い。

3.明清の書は、晋・唐時代の書に比べてすぐれているとは言えませんが、当時の書家には清新で、魅力的

4.晋・唐・六朝時代は法帖や碑の書に対して、明清の書は真跡(真筆、実際に書いた書)が豊富

5.当時は金額的にも買い求めやすかった
※現在は高値で取引きされています

明清風は、関東よりも関西で盛んです。

~書道ライフを快適・豊かに~

書道専門店 大阪教材社

盛喜 一輝 KAZUTERU MORIKI
大阪府堺市中区深井中町1994‐3
TEL 072-277-1237
FAX 072-277-6301
URL http://www.osakakyouzai.com/
E-mail moriki@osakakyouzai.com