山家心中集とは

書道
投稿日:2020年10月19日
山家心中集

山家心中集とは

  1. 山家心中集の読み方
  2. 山家心中集の撰者
  3. 山家心中集について

山家心中集の古書販売ページを見る


山家心中集の読み方

山家心中集は、「さんかしんちゅうしゅう」と読みます。

山家心中集の撰者

新古今和歌集に多くの優れた歌を残した歌人西行の私歌集です。
山家集からの抜書きで、西行の真蹟とする説もあります。
西行は、平安時代末期から鎌倉時代初期の歌人であり、武士・僧侶でもあります。
俗名は佐藤義清(のりきよ)、23歳で出家し、74歳で亡くなります。
西行の真蹟といわれるものは大変多くあります。
「書状」「一品経和歌懐紙」「佚名家集切」「枡形本曾丹集切」「相輪寺切月詣集」
「百首和歌」「源氏物切」など

山家心中集について

サイズ:縦16.5センチ×横15.5cm
表紙は、銀砂子を霞状にまき金切箔を散らしており、見返しは銀切箔を散らしています。
奥書はありません。

字形の格調の高く、端正です。

山家心中集の古書販売ページを見る

~書道ライフを快適・豊かに~

書道専門店 大阪教材社

盛喜 一輝 KAZUTERU MORIKI
大阪府堺市中区深井中町1994‐3
TEL 072-277-1237
FAX 072-277-6301
URL http://www.osakakyouzai.com/
E-mail moriki@osakakyouzai.com