朝忠集とは?

書道
投稿日:2021年2月10日
朝忠集

朝忠集とは?

  1. 朝忠集とは?
  2. 朝忠集の筆者は?
  3. 朝忠集の特徴は?

朝忠集の古書販売ページを見る


朝忠集とは?

藤原朝忠の家集、西本願寺本三十六人集の1帖。
粘葉装の冊子本、すべて唐紙で表裏に型模様、金泥・銀泥・群青で鳥・折枝を書き、裏には銀箔があります。
縦20×横15.8cm
巻首に「朝忠中納言集」と内題、1面9行書きで、和歌1首2行書き

朝忠集の筆者は?

西本願寺本三十六集の公忠集と同筆です。

朝忠集の特徴は?

字形は大体円形で、小さめに書く字も大きく書いているので、各字大きさは同じくらいで、ほとんど大小の差がありません。字形に変化がなく、同じ文字が目立ちます。

連綿は自然で、運筆は軽快、線には変化がありませんが、おだやかで上品です。

朝忠集の古書販売ページを見る

~書道ライフを快適・豊かに~

書道専門店 大阪教材社

盛喜 一輝 KAZUTERU MORIKI
大阪府堺市中区深井中町1994‐3
TEL     072-277-1237
FAX     072-277-6301
URL     http://www.osakakyouzai.com/
E-mail  moriki@osakakyouzai.com