李陽冰とは?

書道
投稿日:2021年5月9日
李陽冰の書

李陽冰とは?

    1. 李陽冰ってどんな人?
    2. 李陽冰の書法 篆書など
    3. 李陽冰の代表作品

李陽冰の古書販売ページを見る


李陽冰ってどんな人?

李 陽冰(りようひょう 713-741年)は、中国唐代中期の書家で、河北省の人。
字:少温(しょうおん)

篆書の第一人者と言われた人で、唐代初頭の王羲之隆盛のとき、秦の李斯の後、廃れていた小篆の再興を志し、篆書に情熱を注ぎました。
鄧石如など、その後の書家に多大な影響を与えました。

文字学に精通しており、許慎の「説文解字」を校訂して「刊定説文」を著し、「唐翰林禁経」という書勢や筆法の禁ずべき点を書いた書論を残しましたが、現存していません。

李陽冰 李白との関係

李白は、晩年李陽冰のそばにいましたが、臨終のときに全ての詩稿を李陽冰に委ね、李陽冰はこれを編集して序を書きました。これが李白最初の詩集「李白草堂集」です。

李陽冰の書法 篆書など

李陽冰は篆書の名手として知られています。
その篆書は、線質が冷ややかで、結構に隙がなく、字画の変化も幾何学的です。

嶧山碑(えきざんひ)を学び、孔子の書といわれる延陵季札墓誌(えんりょうきさつぼし)をみて変化を加えたと伝えられています。

李陽冰の代表作品

李氏三墳記
線に太細がない篆書で、曲線が多用されています。骨力に乏しいという評価もあります。

般若台題記(はんにゃだいのだいき)
摩崖刻で、1文字約40cmの大篆書で24文字

怡亭銘(いていのめい)
原石のため、李陽冰の真蹟にせまる貴重な資料です。

城隍廟碑
聴松

篆隷 上海工藝 火炬牌 書道中筆

篆隷 上海工藝 火炬牌 書道中筆 篆書・隷書用
[ri-002]
販売価格: 1,100円 (税込)
詳しくはこちら

清書用書道半紙 時雨(手漉半紙)100枚

清書用書道半紙 時雨(手漉半紙)100枚
[sri-001]
販売価格: 572円 (税込)
詳しくはこちら

練習用書道半紙 和心(機械漉半紙)100枚

練習用書道半紙 和心(機械漉半紙)100枚
[C-005]
販売価格: 272円 (税込)
詳しくはこちら

顕微無間2.0丁型 墨運堂 漢字清書用墨

顕微無間2.0丁型 墨運堂 漢字清書用墨
[C-007]
販売価格: 1,584円 (税込)
詳しくはこちら

作品用半切 紅梅 10枚

作品用半切 画仙紙 紅梅 10枚
[ro-002]
販売価格: 438円 (税込)
詳しくはこちら

作品用半切 加工紙 No.107 10枚

作品用半切 加工紙 No.107 10枚
[G-048]
販売価格: 768円 (税込)
詳しくはこちら

李陽冰の古書販売ページを見る

~書道ライフを快適・豊かに~

書道専門店 大阪教材社

盛喜 一輝 KAZUTERU MORIKI
大阪府堺市中区深井中町1994‐3
TEL     072-277-1237
FAX     072-277-6301
URL     http://www.osakakyouzai.com/
E-mail  moriki@osakakyouzai.com