孔侍中帖とは

書道
投稿日:2021年7月9日
孔侍中帖とは

孔侍中帖(こうじちゅうじょう)とは

  1. 孔侍中帖の作者
  2. 孔侍中帖について
  3. 孔侍中帖の特徴
  4. 孔侍中帖掲載の本

孔侍中帖の古書販売ページを見る


孔侍中帖の作者

孔侍中帖の作者は、晋時代の書聖・王羲之です。
王羲之の詳細は、以下のページでご覧いただけます。
↓↓↓
王羲之とは

孔侍中帖について

孔侍中帖は、国宝に指定されており、現在東京の前田育徳会所蔵。
白麻紙、縦24.7×横46.8cmで9行、全文で62字。
孔侍中帖は、王羲之の尺牘(手紙)である「哀禍帖 20字3行」「孔侍中帖(九月十七日帖) 25字3行」「憂懸帖 17字3行」の総称で、3帖で9行あります。

孔侍中帖の特徴

行草作品で、上記3帖には書風に違いがあり、それぞれの特徴は以下の通りです。
「哀禍帖」振幅の大きさ
「孔侍中帖(九月十七日帖)」骨力の強さ
「憂懸帖」重厚さ
3帖とも結構は頭部を大きく広く、また重くとる王羲之特有の構えで、歯切れのよい点画で抑揚があります。

孔侍中帖掲載の本

書跡名品叢刊 37 東晋・王羲之尺牘集 1
中国法書選12 王羲之尺牘集 上

孔侍中帖の古書販売ページを見る

~書道ライフを快適・豊かに~

書道専門店 大阪教材社

盛喜 一輝 KAZUTERU MORIKI
大阪府堺市中区深井中町1994‐3
TEL     072-277-1237
FAX     072-277-6301
URL     http://www.osakakyouzai.com/
E-mail  moriki@osakakyouzai.com