楊峴という書家

書道
投稿日:2020年7月7日
楊峴

楊峴という書家

  1. 楊峴とは?
  2. 楊峴 書の特徴
  3. 楊峴の著書
  4. 楊峴関連書の本

楊峴の古書販売ページを見る


楊峴とは?

楊峴(ようけん)は、清の書家です。
字:見山
号:庸斎・藐翁 (ばくおう) ・遅鴻残叟など

浙江省の人。官職は江蘇省常州府知事・江蘇省松江府知事にいたりました。
漢隷に詳しく、特に礼器碑を学び、清代の北碑派に個性的で新しい書風を開きました。
楊峴の書は、隷書が最もすばらしいと言われています。
門人には呉昌碩がいます。

日本国内においては、戦後楊峴を含めた金石調の書が本格的に発展します。

楊峴 書の特徴

楊峴の書は、60歳頃を境に書風が変わります。
60歳までは主に曹全碑がベースで、柔軟な線を多用し、波磔をあまり強調しない特徴があります。
この頃までにたくさんの古典の臨書に臨んでいます。
60歳以降は、漢隷の典型ともいえる礼器碑・乙瑛碑などを主として、強烈に誇張した波磔の隷書を完成させます。

楊峴の著書

「庸斎文集」
「遅鴻軒誌鈔」
「詩続」
「文続」

楊峴関連書の本

楊峴の書法

楊峴の古書販売ページを見る

楊峴
~書道ライフを快適・豊かに~

書道専門店 大阪教材社

盛喜 一輝 KAZUTERU MORIKI
大阪府堺市中区深井中町1994‐3
TEL     072-277-1237
FAX     072-277-6301
URL     http://www.osakakyouzai.com/
E-mail  moriki@osakakyouzai.com