烏丸切とは?

書道
投稿日:2021年2月19日
烏丸切

烏丸切とは?

  1. 烏丸切の筆者は?
  2. 烏丸切について
  3. 烏丸切の特徴

烏丸切の古書販売ページを見る


烏丸切の筆者は?

藤原定頼(995-1045年)が筆者と言われていますが、諸説あり定かではありません。

烏丸切について

後撰集の断簡で、元々烏丸光宏広(1579-1638年)が所蔵していたことから「烏丸切」といわれています。「右近切」といわれることもあります。

胡蝶装の冊子本
料紙は、飛雲が小さい飛雲紙
表裏両面に金銀の砂子をまばらに撒いています。
縦20.8cm横16.8cm
1面9行から12行で一定していません。歌一首2行。

烏丸切の特徴

初めは行を垂直にして書き、4~5行あたりから右に傾斜しています。
縦長の文字が多く、線は細く筆力があります。

烏丸切の古書販売ページを見る

~書道ライフを快適・豊かに~

書道専門店 大阪教材社

盛喜 一輝 KAZUTERU MORIKI
大阪府堺市中区深井中町1994‐3
TEL     072-277-1237
FAX     072-277-6301
URL     http://www.osakakyouzai.com/
E-mail  moriki@osakakyouzai.com