石門銘とは?

書道
投稿日:2020年6月30日
石門銘とは?

石門銘とは?

  1. 石門銘とは?
  2. 石門銘の特徴
  3. 石門銘の臨書 書き方のヒント

石門銘の古書販売ページを見る


石門銘とは?

石門銘(せきもんめい)は、北魏509年武阿仁(ぶあじん)の刻で、楷書の摩崖です。
六朝時代の北朝独特の楷書である六朝楷書です。
縦224.22×横278.76cm。28行、行ごとに22字、題に「石門銘」の3字。
よい状態で残っており、現在は漢中市博物館に保存されています。

石門銘は、宋の時代に欧陽脩の「集古録」に記載されましたが、明の時代には知名度が低く、清の時代に再び脚光を浴びます。
「潜研堂金石文跋尾」「関中金石記」「金石萃編」などに著録されました。

石門銘の特徴

書風は柔和で、ふところが深く、形式にとらわれない趣きがあります。
一般的な六朝楷書(方筆の角ばって緊密な書風)と違い、やや円筆(角を丸める筆法)に近い書
一般的な六朝楷書でないことから、初心者向きではないという意見もあります。

石門銘の臨書 書き方のヒント

  • やや円筆(角を丸める筆法)に近い書法
  • 横長で自由奔放に

石門銘の古書販売ページを見る

~書道ライフを快適・豊かに~

書道専門店 大阪教材社

盛喜 一輝 KAZUTERU MORIKI
大阪府堺市中区深井中町1994‐3
TEL 072-277-1237
FAX 072-277-6301
URL http://www.osakakyouzai.com/
E-mail moriki@osakakyouzai.com