日比野五鳳という書家

書道
投稿日:2020年7月18日
日比野五鳳という書家

日比野五鳳という書家

  1. 日比野五鳳とは?
  2. 日比野五鳳の書風
  3. 日比野五鳳の代表的な作品

日比野五鳳関連の古書販売ページを見る


日比野五鳳とは?

日比野 五鳳(ひびの ごほう)
1901 – 1985年
名:信(まこと)
号:五鳳

日本の書家で、昭和の三筆の一人です。
書家の日比野光鳳はご子息にあたります。

19歳のとき、大野百錬について漢字の書法を学び、独学でかなの書法を学びます。
京都精華高等学校女学校・京都府女子師範学校・桃山高等学校・京都府立女子専門学校で10年間教鞭をとった後、書家に専念します。

日比野五鳳の書風

寸松庵色紙・継色紙・本阿弥切などを中心とする古筆をベースにしており、空海・最澄・良寛・本阿弥光悦・富岡鉄斎などの書法を融合して蒼古枯淡な書風に強靭な風格を帯びています。

日比野五鳳の代表的な作品

浦島  1951
梅   1961
清水  1965
ひよこ 1968
赤とんぼ1974
奈良七重1981

日比野五鳳関連の古書販売ページを見る

~書道ライフを快適・豊かに~

書道専門店 大阪教材社

盛喜 一輝 KAZUTERU MORIKI
大阪府堺市中区深井中町1994‐3
TEL 072-277-1237
FAX 072-277-6301
URL http://www.osakakyouzai.com/
E-mail moriki@osakakyouzai.com