寸松庵色紙臨書でおさえる特徴とは?

書道
投稿日:2013年11月1日

寸松庵色紙とは、臨書する上で、どのような特徴があるか?

寸松庵色紙(すんしょうあんしきし)とは、平安時代を代表する散らし書きの絶品です。
平安時代中頃(11世紀後半頃)に書かれたとされています。
どんな特徴があるのでしょうか?

  1. 寸松庵色紙 仮名古典の名筆
  2. 寸松庵色紙の名前の由来
  3. 寸松庵色紙の筆者は?
  4. 寸松庵色紙の特徴は?
  5. 寸松庵色紙の臨書にあたって
  6. 寸松庵色紙にオススメの臨書用紙・料紙・筆

[臨書用紙 寸松庵色紙 練習用]の販売ページを見る
寸松庵色紙の古書販売ページを見る


寸松庵色紙 仮名古典の名筆

寸松庵色紙(伝紀貫之)は、平安時代を代表する名筆で、「継色紙(伝小野道風)」「升色紙(伝藤原行成)」とともに「三色紙」と称されます。

もとは中国製の唐紙を粘葉綴した冊子に、「古今和歌集」の四季の歌を書写したものです。

重厚で高い格調が愛好され、茶室の掛物として古筆(平安時代から鎌倉時代にかけての能筆家の筆跡)の中でも特に珍重されてきました。

寸松庵色紙の名前の由来

大阪堺市の南宗寺の襖に貼られていましたが、江戸時代の茶人で徳川家康に仕えた武将でもある「佐久間将監真勝」が一部を入手し、京都の大徳寺に寸松庵という茶室を建てて、これを収めました。
に伝来しましたので、これらのつれの全てを寸松庵色紙と呼ぶようになりました。

寸松庵色紙の作者は?

寸松庵色紙の筆者は、「古今和歌集」の編纂や「土佐日記」の筆者として知られる紀貫之と伝えられてきましたが、現在では否定されています。

寸松庵色紙の特徴は?

力強く勢いのある運筆、豊かで美しい線、すっきりと洗練された余白と連綿。
升色紙とは異なり、線と面の世界です。
文字が一目で分かりにくいところがあるので、1字の字形美より、行に重点を置いていることがわかります。

  1. 雲母びきの美しい唐紙に、和歌1首がさらり絶妙なバランスで散らし書きされているのが特徴です。
  2. 行の傾き加減や余白の大きさによって、ゆるぎない安定感を醸し出しているところに、筆者の類いまれな才能がうかがえます。
  3. 右下がふくらむ字形を多く用いながらも、重くならずにリズミカルに連綿するテクニックも秀逸です。

寸松庵色紙は、「三色紙」の1つでもありますが、多数の古筆の中でも特にまさっている名品です。

寸松庵色紙の臨書にあたって

  • 端正な字形と連綿法
  • 用字と関連した行の流れ
  • 行の呼応と余白の関係
  • 継色紙・升色紙との比較

寸松庵色紙は、よく流動した書き方をしながらも、ねっとりとした粘った運筆を加えたり、線に厚みをつけて、円み・厚みを加えます。
そうすることで、豊かな気分のする美しさを表現し、上品な趣きも深くなります。

筆は、先のよく利く小筆が適しています。
弊社取り扱いのかな用の小筆では、上三条小初霜がおすすめです。

筆の構えは、直立に近い側筆です。

字の懐を大きくして、豊かな感じをだします。

突っ込むところは深く突っ込み、その反動で次へ移りますが、「関戸古今集」より粘って運筆します。

寸松庵色紙にオススメの臨書用紙・料紙・筆

臨書用紙 寸松庵色紙 練習用50枚

臨書用紙 寸松庵色紙 練習用50枚
[ri-008]
販売価格: 550円 (税込)
詳しくはこちら

小筆 上三条 一休園

小筆 上三条 一休園
[C-002]
販売価格: 880円 (税込)
詳しくはこちら

小筆 小初霜 一休園

小筆 小初霜 一休園
[C-005]
販売価格: 1,760円 (税込)
詳しくはこちら

[臨書用紙 寸松庵色紙 練習用]の販売ページを見る
寸松庵色紙の古書販売ページを見る

書道専門店 大阪教材社(大阪府堺市の書道用品専門店)
〒599-8272 大阪府堺市中区深井中町1994-3
TEL 072-277-1237
FAX  072-277-6301
https://www.osakakyouzai.com/
moriki@osakakyouzai.com

寸松庵色紙臨書でおさえる特徴とは?」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 仮名書道手本にすべき古典は? | 書道専門店 大阪教材社

コメントは停止中です。