松籟切/十番歌合とは

書道
投稿日:2020年9月15日
松籟切/十番歌合

松籟切/十番歌合とは

  1. 松籟切/十番歌合について
  2. 松籟切/十番歌合の特徴

松籟切/十番歌合の古書販売ページを見る


松籟切/十番歌合について

松籟切/十番歌合は、藤原行成が書いたと伝えられています。

承暦元年(1077)藤原顕季(1055~1123)の自歌合の切。
もとは巻子本で、料紙は唐紙、花唐草文様の白唐紙ばかりを使っています。
※歌合の料紙に唐紙を使っているのは珍しい。

松籟切/十番歌合は、三井高弘(号:松籟1849~1919)が所蔵していたことが由来で、昭和26年(1951)に分割されました。

松籟切/十番歌合の特徴

松籟切/十番歌合は、藤原顕季が自詠を十番の歌合にしたもので、書風は伊房様式を流麗にしたような美しく流動的な書です。
「藍紙本万葉集」「尼子切」などに似ています。

松籟切/十番歌合古書販売ページを見る

~書道ライフを快適・豊かに~

書道専門店 大阪教材社

盛喜 一輝 KAZUTERU MORIKI
大阪府堺市中区深井中町1994‐3
TEL 072-277-1237
FAX 072-277-6301
URL http://www.osakakyouzai.com/
E-mail moriki@osakakyouzai.com