楊淮表紀の書

書道
投稿日:2020年7月7日
楊淮表紀

楊淮表紀の書

楊淮表紀の古書販売ページを見る


楊淮表紀(ようわいひょうき)とは?

後漢 173年の刻。楊淮表紀は隷書で摩崖です。
縦190×横62cm
7行で、行ごとに24~26字で末行は31字。
もともとは陕西省褒城県北の石門渓谷道の岩壁にありましたが、褒河ダム建設に伴い、現在は漢中市博物館に納められています。

楊淮表紀の特徴

書風は石門頌より稚拙さがあり素朴ですが、伸びやかな線に深い趣きがある点は共通します。
自然に変化する文字の大きさや行のうねりは摩崖特有の書法です。

楊淮表紀の古書販売ページを見る

楊淮表紀
~書道ライフを快適・豊かに~

書道専門店 大阪教材社

盛喜 一輝 KAZUTERU MORIKI
大阪府堺市中区深井中町1994‐3
TEL     072-277-1237
FAX     072-277-6301
URL     http://www.osakakyouzai.com/
E-mail  moriki@osakakyouzai.com