東大寺切とは?

書道
投稿日:2021年2月18日
東大寺切

東大寺切とは?

  1. 東大寺切の筆者は?
  2. 東大寺切について
  3. 東大寺切の特徴

東大寺切の古書販売ページを見る


東大寺切の筆者は?

筆者は、源俊頼(1055-1129年)と言われています。

東大寺切について

三寶絵の詞(ことば)の断簡で、もとは胡蝶装の冊子本です。
名古屋の関戸家に原本の1/3ばかりの零本が所蔵されています。
料紙:唐紙
色  :白色
サイズ:縦 24.3cm横 15.3cm

東大寺切の特徴

1面7行、1行13~14字
漢字仮名交じり文で、漢字と仮名がよく調和しています。
字形は、狭長でやや右に傾斜しています。
書風は、高野切第二種風です。

東大寺切の古書販売ページを見る

~書道ライフを快適・豊かに~

書道専門店 大阪教材社

盛喜 一輝 KAZUTERU MORIKI
大阪府堺市中区深井中町1994‐3
TEL     072-277-1237
FAX     072-277-6301
URL     http://www.osakakyouzai.com/
E-mail  moriki@osakakyouzai.com