名家家集切とは?

書道
投稿日:2021年2月26日
名家家集切

名家家集切とは?

  1. 名家家集切について
  2. 名家家集切の特徴と筆者

名家家集切の古書販売ページを見る


名家家集切について

名家家集切(めいかかしゅうぎれ)
藤原兼輔(877-933年)、藤原興風、源公忠(889-948年)、坂上是則、在原元方(~953年)、清原深養父の6人の家集の断簡
有名な歌人の断簡だから「名家家集切(めいかかしゅうぎれ)」と言います。
胡蝶装の冊子本で、料紙は飛雲紙(平安時代特有の大きな飛び雲の料紙)
縦27.2×横22.7cm

藤原兼輔の家集 内題 「堤中納言集」
藤原興風の家集 内題 「藤原興風集」

名家家集切の特徴と筆者

字形は狭長で、文字が右に傾斜しています。流麗で優雅な趣のある書風で揮毫されており、「高野切第二種」に似ていることから筆者は紀貫之と言われています。

名家家集切の古書販売ページを見る

~書道ライフを快適・豊かに~

書道専門店 大阪教材社

盛喜 一輝 KAZUTERU MORIKI
大阪府堺市中区深井中町1994‐3
TEL     072-277-1237
FAX     072-277-6301
URL     http://www.osakakyouzai.com/
E-mail  moriki@osakakyouzai.com