趙文淵の華嶽頌とは

書道
投稿日:2021年6月23日
趙文淵の華嶽頌とは

趙文淵の華嶽頌とは

    1. 趙文淵とは
    2. 華嶽頌とは

趙文淵・華嶽頌の古書販売ページを見る


趙文淵とは

趙文淵(ちょうぶんえん 生没年不詳)は、当時著名な文人書家であり官僚です。
字:徳本

趙文淵は、幼少から楷書・隷書を学び、当時の帝に書を献上するほど有名でした。
書は鍾繇王羲之に影響を受けています。
西魏の石碑などは、著名であった趙文淵による書が多かったようです。

宇文泰の命を受けて、「説文解字」と「字林」の刊行に関わっています。

華嶽頌とは

天和二年(567年)父帝の華嶽廟修復の功をたたえて碑に刻したものです。
書体は沈厚で先鋭な独特の隷書です。
題額に「西嶽華山神廟之碑」と篆書8字

華嶽頌は、北魏分裂以後の北朝書を知る上で貴重な資料です。

趙文淵・華嶽頌の古書販売ページを見る

~書道ライフを快適・豊かに~

書道専門店 大阪教材社

盛喜 一輝 KAZUTERU MORIKI
大阪府堺市中区深井中町1994‐3
TEL     072-277-1237
FAX     072-277-6301
URL     http://www.osakakyouzai.com/
E-mail  moriki@osakakyouzai.com