筋切・通切とは

書道
投稿日:2020年10月2日
筋切・通切とは

筋切・通切とは

  1. 筋切・通切の作者は?
  2. 筋切・通切について
  3. 筋切・通切の特徴

筋切・通切の古書販売ページを見る


筋切・通切の作者は?

筋切・通切は、藤原佐理の筆と伝えられていますが、現在の研究では藤原行成の曾孫の定実(さだざね)の筆ではないかとも言われています。

筋切・通切について

筋切・通切は、「古今和歌集」を書写した断簡です。
もとは粘葉装(でっちょうそう)の冊子本。
料紙は斐紙(ひし)の色紙・飛雲紙・羅紋紙で、縦22×横14cm
藍と紫の飛雲(とびくも)を漉きこみ、ついで金銀のもみ箔を一面にまき、さらに銀泥の線を引いた料紙に「古今和歌集」巻第4の巻頭を書写したものです。

銀泥で縦の線を引いているので「筋切」といいます。
料紙の裏に篩(ふるい)の目のような文様があるので「通切」(とおしぎれ)ともいいます。

関戸家に所蔵されています。

筋切・通切の特徴

筋切・通切は、字形の簡略な女手が主で、字形の煩雑な草書を少し混ぜて書いています。
字形はよく整っており、縦長の文字が多い。
線は繊細で、よく伸びており、連綿は自然で巧妙です。放書もかなり見られます。

筋切・通切の古書販売ページを見る

筋切・通切
~書道ライフを快適・豊かに~

書道専門店 大阪教材社

盛喜 一輝 KAZUTERU MORIKI
大阪府堺市中区深井中町1994‐3
TEL 072-277-1237
FAX 072-277-6301
URL http://www.osakakyouzai.com/
E-mail moriki@osakakyouzai.com