小大君集とは?

書道
投稿日:2021年2月20日
小大君集

小大君集とは?

  1. 小大君とは?
  2. 小大君集について
  3. 小大君集の特徴
  4. 小大君集の筆者は?

小大君集の古書販売ページを見る


小大君とは?

小大君は、「こだいのきみ」と読みますが、「こおおぎみ」「さおぎみ」と読まれることもあります。
平安時代中頃の大変すぐれた歌人で、三条天皇が皇太子になってから、女蔵人として仕えます。
ちなみに小大君の真跡は、残っていません。

小大君集について

西本願寺本三十六人集の一帖、粘葉装の冊子本です。
料紙は唐紙で、縦20cm横15.8cm
濃い色の紙の次に同じ薄い色の紙を、次に白い紙を配して繧繝の配色にしています。

小大君集の特徴

字形は、整いそろい、円みをおびています。
線は、はじめ太く濃く書いていますが、徐々に細く薄くなり緩急抑揚の変化があります。

他方、西行が書いたと言われている小大君集も、はじめ太く濃く書いていますが、徐々に細く薄くなっています。自由に速く書き、連綿が長いのが特徴です。

小大君集の筆者は?

西本願寺本三十六人集の宗于集(むねゆきしゅう)と同筆です。

小大君集の古書販売ページを見る

~書道ライフを快適・豊かに~

書道専門店 大阪教材社

盛喜 一輝 KAZUTERU MORIKI
大阪府堺市中区深井中町1994‐3
TEL     072-277-1237
FAX     072-277-6301
URL     http://www.osakakyouzai.com/
E-mail  moriki@osakakyouzai.com